Ballet Square

鑑賞したバレエの感想など書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/6/18 ロイヤル・バレエ 『ロミオとジュリエット』

英国ロイヤル・バレエ団 2016年日本公演 『ロミオとジュリエット』
2016年6月18日(土) 東京文化会館 13:00

サラ・ラムとムンタギロフの『ロミオとジュリエット』観て参りました。

重厚なロイヤルの舞台装置や衣裳の中を、簡素な衣裳の二人がさーっと駆けぬけた感じがしました。
二人の清楚な雰囲気がぴったりと調和して、素晴らしい世界を見せてくれたので、感動しました。

マクミランのこの傑作を、ロンドン、ミラノ、ロイヤルの来日公演、新国立劇場など9~10回は観ています。
まずプロコフィエフの音楽が素晴らしい。(特に低音がズーンと響くところが必要だと思いますが、本日は残念ながら薄かったです)

振付も複雑だったり、途中で停止したり、踊らずに表現する場面があったり、また群舞は非常に激しく、パ・ド・ドゥはあくまでも心の動きに呼応して、また、仮死状態のジュリエットをかつぎあげて踊るパ・ド・ドゥもあり、変化に富んでいて飽きることがありません。
ダンサー二人のケミストリーが反映される作品なので、毎回違った印象を受けます。

本日この作品を久し振りに見たのですが、二人の踊りに涙線が緩んでしまいました。

サラ・ラムは落ち着いたジュリエット。 丁寧にゆったりと踊りました。
ムンタギロフはその跳躍はあくまでも大きく、柔らかく、どんなステップにも回転にも揺るぎがありません。
一人で嬉しそうに、三人で楽しそうに踊り、ジュリエットをしっかりサポートしました。 大満足。

マキューシオはアクリ瑠嘉。 階級はソリストで、既にこの役を踊っていますが、今日は日本での晴れ舞台ということになるでしょう。
少し小柄ですが、踊りどころ、演技力満載のマキューシオを見事に踊りました。
父上がイタリア出身のダンサーでバレエ団を主宰しているのですね。 日本人とのハーフはルックスがとてもよい。
楽屋口で、家族とバレエ団の子供たちと一緒に嬉しそうな笑顔でした。
余談ですが、このバレエ団は男の子が沢山いるようで、こんなに沢山の男の子が来ている公演は初めて。 

同じく友人のベンヴォーリオを踊ったのは、ファースト・ソリストのジェームス・ヘイ。 また少し小柄で、アクリ瑠嘉と風貌が似ています。大きく目立つ踊りはないのですが、踊りの質が少し高いかなと感じました。好演。調べるとやはりファースト・ソリスト。
James Hay

ジュリエットの婚約者パリスを踊ったのが、プリンシパルになったばかりの平野亮一。ムンタギロフより高身長で、四角い顔立ちもなかなか。 前にも見ていますが、大柄な大雑把さがなくなりさすがと思いましたが、本日は観客の視線を浴びてかなり緊張気味に見えました。 

女性陣は、マキューシオの死を嘆くキャピュレット夫人も、ロザライン、娼婦たちも少し印象が薄いと思いましたが、どうだったのでしょう。

本日の公演は土曜のマチネ。帰りに楽屋口が人だかりなので、久しぶりに出会った友人と少々待って、生ムンタギロフを一目見てきました。 生ムンタギロフは顔が子供より小さいくらい。gromit好みのTシャツにジーンズ、リュックにキャップ。 右に左に丁寧にサインして非常にさわやか。好感がもてました。 人混みの中から「Nice performance!」と叫んでみたら、「Thank you!」と返事が返ってきました!!

【主なキャスト】
ジュリエット:サラ・ラム
ロミオ:ワディム・ムンタギロフ
マキューシオ:アクリ瑠嘉
ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド
ベンヴォーリオ:ジェームズ・ヘイ
パリス:平野亮一
キャピュレット公:クリストファー・サンダース
キャピュレット夫人:クリスティーナ・アレスティス
エスカラス(ヴェローナ大公):ヨハネス・ステパネク
ロザライン:クレア・カルヴァート
乳母:クリステン・マクナリ―
僧ロレンス:アラステア・マリオット
モンタギュー公:アラステア・マリオット
モンタギュー夫人:オリヴィア・カウリー

ジュリエットの友人:
エリザベス・ハロッド、メーガン・グレース・ヒンキス、エンマ・マグワイア、
ヤスミン・ナグディ、ジェンマ・ピッチリ―=ゲイル、レティシア・ストック

3人の娼婦:
イツィアール・メンディザバル、カミーユ・ブラッチャー、ベアトリス・スティックス=ブルネル

マンドリン・ダンス:
ヴァレンティノ・ズッケッティ
トリスタン・ダイヤ―、ベンジャミン・エラ、ポール・ケイ、
フェルナンド・モンターニョ、マルセリーノ・サンベ

舞踏会の客、街人たち: 英国ロイヤル・バレエ団

指揮: クーン・ケッセルズ
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

FC2Ad