Ballet Square

鑑賞したバレエの感想など書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/3/9 ハンブルグ・バレエ ガラ公演 《ジョン・ノイマイヤーの世界》

ガラのチケットも舞い込んだので昨夜行って参りました。

2016年3月9日(水) 18:30  東京文化会館
ジョン・ノイマイヤー「京都賞」受賞記念
ハンブルク・バレエ団 ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉

振付・演出・ナレーション:ジョン・ノイマイヤー

NBSのサイトから  ノイマイヤーが語る、ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉 

ノイマイヤー
「今回の東京の公演で、ガラ<ジョン・ノイマイヤーの世界>を上演します。 ハンブルグのダンサーと私の作品の全容をご覧いただきたいと考えています。 ありきたりのパ・ド・ドゥを並べたプログラムではありません。 特別な演目を上演するガラなのです。

私の振付家としての歩みを辿る作品を選りすぐりました。 私の自叙伝のような作品で構成したと言えるでしょう。私自身が台詞を語ります。 テキストに沿って進行します。 団員が総出演します。 すべてのプリンシパル、ソリスト、ゲストアーティストのアリーナ・コジョカルが登場します。 

音楽も多彩です。 たとえばレナード・バーンスタイン。 私が子供の頃に親しんだガーシュインの『シャル・ウィ・ダンス?』はクラシカルバレエへの良き導入部となるでしょう。 古典バレエからは、私が改訂した『くるみ割り人形』の抜粋を上演します。 精神世界を描いた『マタイ受難曲』のエピソードもご覧に入れます。 『クリスマス・オラトリオI-VI』を用いて、歓喜を描くエピソードも取り入れました。 

『ニジンスキー』からは、主要なパートを披露します。 『ペール・ギュント』『椿姫』『ハムレット』のパ・ド・ドゥも含めました。 デュエットはクローズアップのように登場人物の心情を掘り下げる重要な場面です。 ハンブルグバレエに関心をお持ちの方なら、必ずや、ガラを楽しまれることでしょう。 何故なら、ガラ公演には、ハンブルグが育んできたレパートリーと、ダンサー達の全てが凝縮されているからです。」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

冒頭ノイマイヤーが登場しマイクで語り始めます。 それから舞台が明るくなり、全員が其々の衣裳で登場して舞台一杯に踊ります。 オーケストラピット上も舞台になっているので奥行きが深く、全体としてとても広い舞台。
その後、マイクを持つノイマイヤーと声のみの語りでそれぞれのピースが続いて行きます。
本人が舞台にいない時は、ロイド・リギンスがノイマイヤー役として時には踊り、進行役としていつも舞台上にいて、全体として分かり易く創られていました。
また、照明の色遣いや衣裳の色も非常に洗練されていて流石です。

抽象的で精神世界を描いたものを苦手としているので、『ペール・ギュント』や『マタイ受難曲』は全部通して見たいとは思えず、『くるみ割り人形』や『ニジンスキー』は全幕を見たいと思いました。
『アイ・ガット・リズム』、『クリスマス・オラトリオI-IV』そして『マーラー交響曲第3番』はとても楽しみました。

あまり理解力もないので、一言ずつ。 またyoutubeで見つけたものはリンクを張っておきました。

【第一部】

・『キャンディード序曲』(『バーンスタイン・ダンス』より)
ロイド・リギンズ、レスリー・ヘイルマン、有井舞耀、コンスタンティン・ツェリコフ、菅井円加、カーステン・ユング、ほか

・『アイ・ガット・リズム』のヴァリエーション(『シャル・ウィ・ダンス?』より)
シルヴィア・アッツォーニ、アレクサンドル・リアブコ、ほか

これは動画を見つけることが出来ませんでしたが、大好きなウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート2006のニュー・ピッチカート・ポルカとテイストが同じ。 黒い燕尾服とシルクハットのリアブコとアッツォーニが素晴らしかったです。

『くるみ割り人形』抜粋
フロレンシア・チネラト、ロイド・リギンズ、アンナ・ラウデール、アレクサンドル・トルーシュ

リンクを張ったのはバイエルン州立バレエのものですが、ここでのバレリーナ役はルシア・ラカッラ。 この役の衣裳がこのガラ公演唯一のチュチュだと思いますが、とてもステキ。 ラカッラも素晴らしいです。  アンナ・ラウデールはラカッラに比べると普通でした・・・。 イヴァン・リスカはバイエルン州立バレエの監督をしているのですね。
これは全幕見てみたいです。

『ヴェニスに死す』抜粋
ロイド・リギンズ、カロリーナ・アグエロ、アレクサンドル・リアブコ

『ペール・ギュント』抜粋
アリーナ・コジョカル、カーステン・ユング

最近コジョカルとユングのためにリメイクされた作品の抜粋のようですが、???でした。 こういうの苦手です。

『マタイ受難曲』抜粋
ロイド・リギンズ、ダリオ・フランコーニ、ほか

『クリスマス・オラトリオⅠ-Ⅵ』抜粋
ロイド・リギンズ、パトリシア・フリッツァ、レスリー・ヘイルマン、クリストファー・エヴァンス、菅井円加、レナート・ラドケ、ほか

オラトリオに合わせて歓喜の踊り。躍動感ありそれでいて美しい。 
ハンブルグ・バレエは男性の群舞が素晴らしいです。
日本人男性ダンサーに見てもらいたいと思いますが、そういう人を見かけなかったかも。

【第二部】

・『ニジンスキー』抜粋
アレクサンドル・リアブコ、エレーヌ・ブシェ、アレッシュ・マルティネス、パトリシア・フリッツァ、ロイド・リギンズ、ほか

精神を病んだニジンスキーの苦悩の踊りでしたので、あまり嬉しくない。 
ニジンスキーの牧神なども登場するらしいので、全体を見てみたいです。


『ハムレット』抜粋
アンナ・ラウデール、エドウィン・レヴァツォフ

これはバレエフェスやガラ公演で何度か見ていますが、前の方がよかったような~~。

・『椿姫』第2幕のパ・ド・ドゥ
アリーナ・コジョカル、アレクサンドル・トルーシュ

二人共小柄で、役の雰囲気に合わず残念でした。 
大きい舞台を右から左からコジョカルを肩の上に抱えて走る男性は大変です。

『作品100─モーリスのために』
アレクサンドル・リアブコ、イヴァン・ウルヴァン

長い腕を左右一杯に広げて楽しそうに踊るウルヴァンが印象的でした。

『マーラー交響曲第3番』抜粋
シルヴィア・アッツォーニ、カーステン・ユング、ほか

アッツォーニが圧倒的でした。 衣裳のレオタードの色も秀逸。
群舞の中もまた後に続くフィナーレでも菅井円加さん、有井舞耀さんは良い場所を与えられていました。

いろいろ学ばせて頂きました。簡単ですが以上。


FC2Ad