Ballet Square

鑑賞したバレエの感想など書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の書き初め ムンタギロフの話題

来シーズン 2016/2017 の新国立劇場バレエの演目が発表されていました。

何と来シーズンも、ワディム・ムンタギロフがシーズン・ゲスト・プリンシパルとして登場するようです。
来期のゲスト・コーチにダリア・クリメントヴァが残っていたので、もしかすると?と考えていましたが当たりましたね。

*10/29~11/5   ロミオとジュリエット    11/3、11/5  米沢唯/ムンタギロフ
*12/17~12/25   シンデレラ
*2/17、18      ヴァレンタインバレエ
*2/24~2/26    コッペリア(プティ)
*5/5~5/13     眠れる森の美女      5/5、5/6  米沢唯/ムンタギロフ
*6/24~7/1     ジゼル

今期は新作が2つありましたが、来期は随分オーソドックスで重厚なラインアップですね。

今年は6月にロイヤル・バレエが来日公演を行い、その演目は『ロミオとジュリエット』を5回、『ジゼル』を4回となっている。
当然ムンタギロフは両公演に出演すると思うので、ムンタギロフのロミオを数回見ることになりそう。

来年の新国立劇場バレエの『ジゼル』には、ムンタギロフは未だキャスティングされていないけれど、絶対に出演すると確信しています。
何故かと言うと、ダリア・クリメントヴァとムンタギロフが一番日本の若いダンサーに伝えたいペアリング技術は、この『ジゼル』にこそその神髄があると勝手に思っているからです。

さて、今年はどのくらいバレエ公演に行くのか?? 未だ予定も立てていないのですが、やはり財布の紐を締めて余計な出費はせず、その代りに見たい公演には行きたい!!と思っている次第です。

考えてみれば、このブログ書き続けて今年5月で丸10年。
最近ちょっと更新もままならないけれど、う~ん、まあ何だかんだとよく続けてきたと自分をほめつつ、備忘録としてもう少し続けることにします。


FC2Ad